不眠症とは

夜ぐっすり、朝スッキリを体験してみる

不眠症とは睡眠障害の一種で、人体にとって必要な休息である睡眠を十分に取れないことが原因で、疲れやイライラ、眠気、注意散漫など日常生活に悪影響を及ぼす状態を指します。

不眠症は自覚がない場合も多く、また自覚がある場合でもそれを仕事の忙しさや生まれ持った性質が原因だと思い込み、改善を試みないことも多いです。

しかし、一日の3分の1から4分の1を占める睡眠を質の良い物に変え、これから先の人生に悪影響が出ないようにすることは、長い目で見れば非常に有用で必要なことだと思います。

このサイトでは生活習慣の変化やちょっとした工夫、安眠サプリメントなどで質の良い睡眠を得るための方法を紹介しているので、安らかで心地よい睡眠生活をおくるための参考にしてみてください。

不眠症セルフチェック

まずは自分が不眠症なのかどうかをチェックしてみましょう。

  • 夜、布団に入ってから眠るまでに時間が掛かる
  • 夜中、何度も目が覚めてしまう
  • 眠っても5時間以下で起きてしまう
  • 十分な時間眠ったはずなのに熟睡感が得られない
  • ボーとしたり、イライラする事が多い
  • 昼間、眠たい状態が一時間以上続く
  • 夜、十分に眠れないことに対して不安がある

上記の項目に一つでも当てはまる人は、睡眠の質があまり良くない可能性があります。寝具や就寝前2時間の習慣について見直してみましょう。

上記の項目に三つ以上当てはまる人は、不眠症の疑いがあります。生活習慣の見直しやサプリメントの利用などを考えたほうがよいでしょう。

不眠症対策

代表的な不眠症対策を幾つか紹介します。
・不眠症と食事
・不眠症と入浴
・就寝前の儀式
・日光を浴びよう
・寝具の大切さ
・安眠サプリメント

サブコンテンツ

このページの先頭へ