「不眠症」タグの記事一覧

セロトニンサプリメント『リラクミンナイト』

a8005

リラクミンナイトは安眠サプリメントとしては一般的な『セロトニンサプリメント』の一つです。

セロトニンは日光浴のページでも説明した通り、覚醒時に多く分泌され、13~15時間後に睡眠を促すメラトニンという物質に変わります。

つまり、朝にセロトニンがしっかり分泌されていれば、夜に深い睡眠を取りやすいということです。

安眠できる寝具選び

fumin07

寝具は睡眠の質を考えた時に非常に重要なファクターでありながら、その良し悪しを自覚することが意外に難しいアイテムでもあります。

例えばベットや敷布団について『柔らかいものほど良い物』と思っている人は大勢いますし、実際に柔らかい布団は高いですよね。

しかし、実はベットや敷布団は柔らかすぎると体が沈み込んでしまい、一点に強い力がかかったり寝返りが打ちにくいなどの問題があります。

不眠症と日光浴の大切さ

fumin06

近年は紫外線の悪影響などが知られ『日光=害』のイメージが強いですが、体内時計の調節やビタミンDの生産など日光を浴びることでプラスになることも多く、特に不眠症の方には朝日を十分に浴びることをおすすめします。

知っている方も多いかもしれませんが、人間の体内時計は一日25時間になっており、太陽の光を浴びることでそれをリセットして24時間の生活リズムを保っています。

就寝前の儀式

fumin04

儀式、というと大げさですが要は寝る前にするストレッチ等の軽い運動の紹介です。

ならなぜ『儀式』などという大仰なタイトルを付けたのかというと、単にいつでもできるストレッチではなく『これをしたら後はもう寝るだけ』という運動として習慣付けることが大切だからです。

就寝前にある行動を毎日繰り返すことによって、体は『ああ、これをしたならもう就寝だな』と憶えるようになります。

夜眠れるお風呂の入り方

fumin03

夜にグッスリと眠るためには、入浴の仕方についても少し考えたほうがいいかもしれません。

『お風呂と睡眠って関係あるの?』と思うかもしれませんが、不眠症と食事のページでも書いたように、人間の体は夜眠る前に体温が下がるようにできています。

この時下がる体温が大きければそれだけ眠りやすく、眠りも深くなるため、入浴によって少し体温を上げておくとグッスリと眠れるようになるわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ